• ホーム
  • 早漏治療に効果があると言われるダポキセチンとFR法

早漏治療に効果があると言われるダポキセチンとFR法

お互いそっぽを向いている男女

早漏はその克服の難しさから様々な治療法や治療用の道具などが販売されてきましたが、ここ最近ではダポキセチンという成分とFR法という訓練方の二つが注目されているようです。
FR法というのは早漏を克服するために開発されたトレーニング法で、脳内の環境の変化させることによって射精してしまいそうなタイミングを覚えこませ、自分で射精タイミングをコントロールできるようにするというものです。
薬もカウンセリングも利用せず個人的に続けることが出来る点が魅力的ですが、FR法はあくまでトレーニングなので効果には個人差があり、克服までにはそれなりの時間がかかってしまう事になります。
そのため、すぐにでも早漏を克服したいという方には向いていません。
そういったすぐにでも早漏を治したいという方向けの対応策としてはダポキセチンがあげられます。
ダポキセチンは抗うつ剤に配合されていた成分なのですが、この成分の興奮を抑える効果が、興奮によって早まってしまう射精を遅らせる事に貢献するため、射精タイミングがある程度コントロールできるようになるのです。
元々このダポキセチンは選択的セロトニン取り込み阻害薬j(SSRI)という心の病気を治療するために開発された薬剤の成分で、うつ病時には減少傾向にあるセロトニンをこの薬によって再度取り込めるようにし、うつ病の症状を抑えるという効果があります。
この興奮を抑える効果が早漏を抑制する効果もある事がわかり、海外で早漏治療薬として利用されるようになりました。
ただ海外では早漏治療のための医薬品として販売されているダポキセチンですが、日本では医薬品として承認されいないため、日本で入手するためには個人輸入に頼る必要が出てきます。

関連記事